対人賠償保険

自動車保険の中でも、非常に重要なポジションを占めているのが、対人賠償保険です。
これは、自動車の運転によって他人を死傷させてしまったときのための賠償保険なのです。
ただし、自賠責保険で支払われる金額を超過した不足部分をカバーするというのが、その趣旨です。
自賠責保険の支払い限度額は、明確に決められています。
いずれも、被害者1名あたりで、死亡事故の場合は3000万円、重度後遺障害の場合は4000万円、ケガの場合は120万円とされています。
しかし、実際に死亡事故や重傷事故を起こしてしまった場合は、定められた限度額をはるかに超える億単位の賠償額になることも珍しくありません。
そこで、任意の対人保険に加入する必然性が出てくるのです。
もし、対人保険に加入していなければ、自賠責補償額を超えた部分は、すべて加害者本人が負担しなければなりません。
万一、死亡事故を発生させ、1億円の損害賠償請求が発生したとしたら、自賠責保険で3000万円まで支払われるにしても、残り7000万円の支払いは非常に重い負担となってきます。
それだけに、対人保険はリスクマネジメントの上からも必須のものとして認識されています。
実態的には、対人保険の保険金額を無制限に設定している加入者が多いです。

コメントは受け付けていません。