対物賠償保険

自家用の普通乗用車と小型乗用車の自動車保険の保険料は、車両料率クラスと呼ばれるものをもとに決定されるのが一般的です。この車両料率クラスによって決定される保険の種類の1つが対物賠償保険です。
この賠償保険は、自動車事故によって他人の自動車や建物、塀、電柱、ガードレール、道路標識などの財物に損害を与えた結果、法律上の賠償責任を負わなければならなくなった場合に保険金が支払われるというものです。一般的に、損害を与えた財物が高価なものであれば賠償しなければならない金額も多くなり、場合によっては支払能力を超えるおそれがあります。しかし、この賠償保険を利用できるのであれば、賠償しなければならない金額の多くの部分を賠償保険の保険金で補うことができます。
また、この賠償保険では、財物の直接的な損害だけでなく、財物が損害を受けたことが原因で生じた損害も補償に含まれます。例えば、店舗に車が突っ込んで建物の一部に被害が出た場合の営業損失や、営業用自動車との事故によって営業用自動車を使った業務ができなくなった場合の損失は、この賠償保険によって補償されます。
ただし、この賠償保険には注意すべき点があります。それは補償範囲はあくまで他人の財物であるということです。もし、自動車保険の契約者(記名被保険者)本人やその家族が保有している財物が自動車保険によって損害を受けても、補償の対象とはなりません。

コメントは受け付けていません。