傷害保険

自動車保険は確率の保険といえます。究極的にいいますと、まだ起きていない事故を予想することで保険料が決まるからです。そして、その予想をできるだけ的確にするためにいろいろな方法がなされています。そのひとつが各項目ごとの統計です。
この統計によって料率を計算しているのですが、具体的には1~9ランクにわかれています。数字が高くなるほど料率が高くなるのですが、つまり保険料が高くなることを意味しています。
この料率を計算しているのは公的機関ですが、各保険会社はこのデータを利用してそれぞれに保険料を算出しています。
各項目とは対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険などです。料率の基本的な考え方を紹介しますと、対人・対物で料率クラスが高いということは「事故を起こしたときに相手に損害を与えやすい」ということになります。普通に考えるなら軽自動車よりもスポーツカーのほうがその傾向が高いことは想像できますが、こうしたことも車の購入に際しては考慮に入れるのもひとつの考え方です。
各項目には人身や搭乗者など傷害保険もありますが、これは賠償ではなく自分自身や同乗者に対する保険です。ですから、上部で安全な構造の車の場合は料率が低くなり、保険料も安くなります。料率クラスにおいて注意が必要なことは同じ種類の車であっても年式によって料率が変更になることです。

コメントは受け付けていません。