車両保険

車両保険とは、事故や自然災害、いたずら、飛び石などで愛車の修理が必要になったときに使用することができるもので、自分の財産である車を補償してくれる保険です。修理費用として保険金が支払われる仕組みになっています。自動車は日々事故や傷のリスクがあるので保険料は高めですが、免責金額を設定することで保険料を抑えることができます。

多くの場合、新車であるため、価値が高い、という場合に加入し、10年落ちで価値が下がっているという場合は加入しないというのが基本となっています。車両の価格は、車の初度登録から計算した時価で計算されるため、保険金額は市場価格以上の価格に設定することはできません。ですから、場合によっては保険料が高いのに、満足いく補償が受けられないというケースもあります。古い車や年式が古いのにいまだ人気があり、プレミア価格がついている人気車であっても、時価で判断されるため、保険を使用する場合、満足な補償が受けられない可能性があります。

また、保険料を安く抑えたい場合は、免責金額を設定する必要があります。免責金額とは、保険金額のうち契約者が自己負担する金額 のことで、免責金額の設定次第では、保険料を安くすることが可能です。

注意したいポイントとして、車には減価滅却があるため、補償される金額が毎年下がっていきます。新車で購入しても、毎年、市場価値が落ちるため、同時に保険料も下がっていくため、補償とコストのバランスを考えることが大切です。

コメントは受け付けていません。