国的に事故・盗難が多かった車は料率クラスがアップ=保険料が値上がり?

自動車の保険料の決め方はこれまで車によって設定されているというものがよくありました。
それは例えばよく事故を起こしている自動車は高いといったことや、盗難が多い車種は高いといったことがありました。
よく若い人が乗るようなスポーツカーはその割合が高いということがあり、そのような車が高いといったようなことです。
実際事故が多いのは車種でしょうか、それとも販売台数が多い車でしょうか、また乗る人の年齢でしょうか。
いろいろな考え方がありますが、実際のところ、車ではなく、乗る人の年齢が大きく影響しているということもあります。
やはり若い人といえば、免許をとって間もないということ、車の運転の経験が浅いということから事故を起こす確率も高くなります。
しかし自動車をある程度年数を乗ると徐々にその確率は減ってくることが分かっています。
このように料率は車にあるのか運転する人にあるのか考え方が分かれるところではあります。
そして盗難は車によって変わることがあります。これは人気がある自動車や中古車で高く売れる車は盗難に会う確率が高いことが分かっています。
しかし最近の保険は車に依存するより人に依存するほうが多いということが言えます。

コメントは受け付けていません。