‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

契約中の場合の料率クラスの確認方法

2014/09/15

車両保険はいざという時にはなくてはならないものです。しかし、普段の生活において、保険料の支払いは大きな出費になります。ですから、できるだけ安く抑える方法があれば、損しないためにも知っておきたいものです。保険料はプランの内容だけでなく、車両の利用率クラスによっても割引などがあり値段が異なってきます。この料率クラスが上がれば上がるほど、保険料も安くなり、安全車両と判断されます。しかし、どのように決められているのか、どうやって自分のクラスを確認するのかは、あまり良く知られていません。この基準は過去のデータなどを元に、事故が起こりにくい車両、修理の金額などで毎年見直しをされています。ですから、そのデータを確認すると自分の車両がどのランクに当てはまるのかが分かります。また、契約中であれば、契約時にもらえる保険証券にもかいてありますので、確認するとどのランクになっているかがわかります。手元に保険証券がない場合なら、保険会社に直接聞くことでもわかります。このクラス分けによって保険料は大きく異なってきますので、自分のクラスを知って置き、ムダなの出費にならないようにすることも重要です。まずは保険証券の内容を見直してみましょう。

料率クラスの違いにはどれだけの差がある?

2014/09/15

自動車保険における料率クラスとは、保険料を決定する際に車両クラスにより違いが生じることを言います。例えば、スピードが出せるタイプや業務用の大型車等の車種によっては、事故に遭遇するリスク等も高いため保険料算定のための率が割高になる傾向が見られます。

一方では、ファミリー向けのコンパクトカーや軽自動車等の車種は事故のリスクも少ないため、その料率も安くなる傾向があります。料率の算定においては、車種が影響するのですが、より厳密に言うと車のタイプや年式等の型式までが影響し、それが保険料算出の目安になると言われています。

その他に型式によるクラスは損害保険料率算出機構によって毎年見直しで設定され、事故や盗難が多かった型式であるとアップする傾向となり、反対に事故や盗難が少なかった型式であるとダウンする傾向となります。またクラスについては、対人賠償保険、対物賠償保険、傷害保険、車両保険の4つの項目で数字のクラスによって設定されます。

その数字のクラスが高ければ、当然その分リスクも増すため保険料も高くなり、その数字が低ければリスクが低いため保険料も安くなっていきます。どれくらいの差があるかについては、数字クラスについては1クラス違うだけで1.2~1.3倍違いがあり、クラスが1から9の間まででは最大4倍の違いを生じることとなります。

国的に事故・盗難が多かった車は料率クラスがアップ=保険料が値上がり?

2014/09/15

自動車の保険料の決め方はこれまで車によって設定されているというものがよくありました。
それは例えばよく事故を起こしている自動車は高いといったことや、盗難が多い車種は高いといったことがありました。
よく若い人が乗るようなスポーツカーはその割合が高いということがあり、そのような車が高いといったようなことです。
実際事故が多いのは車種でしょうか、それとも販売台数が多い車でしょうか、また乗る人の年齢でしょうか。
いろいろな考え方がありますが、実際のところ、車ではなく、乗る人の年齢が大きく影響しているということもあります。
やはり若い人といえば、免許をとって間もないということ、車の運転の経験が浅いということから事故を起こす確率も高くなります。
しかし自動車をある程度年数を乗ると徐々にその確率は減ってくることが分かっています。
このように料率は車にあるのか運転する人にあるのか考え方が分かれるところではあります。
そして盗難は車によって変わることがあります。これは人気がある自動車や中古車で高く売れる車は盗難に会う確率が高いことが分かっています。
しかし最近の保険は車に依存するより人に依存するほうが多いということが言えます。

車両料率クラスは誰がどのように決めるのか

2014/09/15

自動車の任意保険や車両保険の保険料に大きく影響するものに、車両料率クラスがあります。
これは、車の車種や車型により全9クラスから分けられたもので、1が最も安価で、9が最も高価な保険料に設定されます。
クラス1を1とすると、クラス9はその4倍にも達します。
1クラスの違いはおおむね20%増しです。
一般的には、コンパクトエコカーなどの大衆車が低いクラスで、スポーツカーは高いクラスという見方をする人もありますが、実際には前年の車種別、車型別事故率や盗難率と、車を修理する場合の部品の相場や流通具合を総合的に判断してクラスが決まることになっており、スポーツカーなら皆高いという偏見は、90年代以降では一切ありません。
もしそうなら、大型スポーツカーの輸出が多く、左を右に換えろと言ってくる某米国から、偏見的で不公平な貿易障壁とみなされ多大な外圧をかけられるからです。
特に、街行く車がミニバンやコンパクトエコカーばかりの昨今、サンプル数を取れないスポーツカーも少なくなく、中間の4から6に設定される旧式のスポーツカーは少なくありません。
このクラスの算出と決定は、損害保険料率算出機構という損害保険会社の上部団体で、一種の独法、金融庁と国土交通省の下部団体により行われます。
損保各社はこの決定に基づき、保険料を決めていますので、同一の車種車型で、損保会社によるクラスの違いは、一切ありません。

車両保険

2014/09/15

車両保険とは、事故や自然災害、いたずら、飛び石などで愛車の修理が必要になったときに使用することができるもので、自分の財産である車を補償してくれる保険です。修理費用として保険金が支払われる仕組みになっています。自動車は日々事故や傷のリスクがあるので保険料は高めですが、免責金額を設定することで保険料を抑えることができます。

多くの場合、新車であるため、価値が高い、という場合に加入し、10年落ちで価値が下がっているという場合は加入しないというのが基本となっています。車両の価格は、車の初度登録から計算した時価で計算されるため、保険金額は市場価格以上の価格に設定することはできません。ですから、場合によっては保険料が高いのに、満足いく補償が受けられないというケースもあります。古い車や年式が古いのにいまだ人気があり、プレミア価格がついている人気車であっても、時価で判断されるため、保険を使用する場合、満足な補償が受けられない可能性があります。

また、保険料を安く抑えたい場合は、免責金額を設定する必要があります。免責金額とは、保険金額のうち契約者が自己負担する金額 のことで、免責金額の設定次第では、保険料を安くすることが可能です。

注意したいポイントとして、車には減価滅却があるため、補償される金額が毎年下がっていきます。新車で購入しても、毎年、市場価値が落ちるため、同時に保険料も下がっていくため、補償とコストのバランスを考えることが大切です。

傷害保険

2014/09/15

自動車保険は確率の保険といえます。究極的にいいますと、まだ起きていない事故を予想することで保険料が決まるからです。そして、その予想をできるだけ的確にするためにいろいろな方法がなされています。そのひとつが各項目ごとの統計です。
この統計によって料率を計算しているのですが、具体的には1~9ランクにわかれています。数字が高くなるほど料率が高くなるのですが、つまり保険料が高くなることを意味しています。
この料率を計算しているのは公的機関ですが、各保険会社はこのデータを利用してそれぞれに保険料を算出しています。
各項目とは対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険などです。料率の基本的な考え方を紹介しますと、対人・対物で料率クラスが高いということは「事故を起こしたときに相手に損害を与えやすい」ということになります。普通に考えるなら軽自動車よりもスポーツカーのほうがその傾向が高いことは想像できますが、こうしたことも車の購入に際しては考慮に入れるのもひとつの考え方です。
各項目には人身や搭乗者など傷害保険もありますが、これは賠償ではなく自分自身や同乗者に対する保険です。ですから、上部で安全な構造の車の場合は料率が低くなり、保険料も安くなります。料率クラスにおいて注意が必要なことは同じ種類の車であっても年式によって料率が変更になることです。

対物賠償保険

2014/09/15

自家用の普通乗用車と小型乗用車の自動車保険の保険料は、車両料率クラスと呼ばれるものをもとに決定されるのが一般的です。この車両料率クラスによって決定される保険の種類の1つが対物賠償保険です。
この賠償保険は、自動車事故によって他人の自動車や建物、塀、電柱、ガードレール、道路標識などの財物に損害を与えた結果、法律上の賠償責任を負わなければならなくなった場合に保険金が支払われるというものです。一般的に、損害を与えた財物が高価なものであれば賠償しなければならない金額も多くなり、場合によっては支払能力を超えるおそれがあります。しかし、この賠償保険を利用できるのであれば、賠償しなければならない金額の多くの部分を賠償保険の保険金で補うことができます。
また、この賠償保険では、財物の直接的な損害だけでなく、財物が損害を受けたことが原因で生じた損害も補償に含まれます。例えば、店舗に車が突っ込んで建物の一部に被害が出た場合の営業損失や、営業用自動車との事故によって営業用自動車を使った業務ができなくなった場合の損失は、この賠償保険によって補償されます。
ただし、この賠償保険には注意すべき点があります。それは補償範囲はあくまで他人の財物であるということです。もし、自動車保険の契約者(記名被保険者)本人やその家族が保有している財物が自動車保険によって損害を受けても、補償の対象とはなりません。

対人賠償保険

2014/09/15

自動車保険の中でも、非常に重要なポジションを占めているのが、対人賠償保険です。
これは、自動車の運転によって他人を死傷させてしまったときのための賠償保険なのです。
ただし、自賠責保険で支払われる金額を超過した不足部分をカバーするというのが、その趣旨です。
自賠責保険の支払い限度額は、明確に決められています。
いずれも、被害者1名あたりで、死亡事故の場合は3000万円、重度後遺障害の場合は4000万円、ケガの場合は120万円とされています。
しかし、実際に死亡事故や重傷事故を起こしてしまった場合は、定められた限度額をはるかに超える億単位の賠償額になることも珍しくありません。
そこで、任意の対人保険に加入する必然性が出てくるのです。
もし、対人保険に加入していなければ、自賠責補償額を超えた部分は、すべて加害者本人が負担しなければなりません。
万一、死亡事故を発生させ、1億円の損害賠償請求が発生したとしたら、自賠責保険で3000万円まで支払われるにしても、残り7000万円の支払いは非常に重い負担となってきます。
それだけに、対人保険はリスクマネジメントの上からも必須のものとして認識されています。
実態的には、対人保険の保険金額を無制限に設定している加入者が多いです。

車両料率クラスって何?

2014/09/15

自動車保険は従来通りの代理店などから加入する方式の他にダイレクトタイプ、つまり通販型自動車保険もテレビなどのCMにより一般に広く認知されています。自動車保険の基本的な保障は事故を起こしてしまったときの相手方への弁償、弁済である対人と対物に対する補償です。車両料率クラスは何かというと特約としてつけることが出来る車両補償に関わる等級分けです。
自動車保険は等級制です。基本補償である対人、対物補償についてはドライバーの過去の状況から判断されますが、車両保険については自動車そのものの等級分けなのです。車種、型式、対人、対物補償の過去の支払実績などを等級分けしたものです。
近年は燃費もさることながら、ドライバー、同乗者の安全確保も重点的に見ているようです。少し型式が古くなってしまうと、車両保険特約をつけると、保険料がかなり高くなることがあります。過去に事故を起こしていない、ドライバーとしてもゴールド免許なのに、車両保険だけが値上がりするということがあるのです。
現在、自動車保険については保険料の見直しが進められています。もし、車両保険特約をつけることで保険料が大幅に増えてしまった場合は、特約を見直すことで保険料をかなり抑えることが出来ます。車の買い換えなども視野に入れながら保険を選択する時代になったのです。